前回の睡眠サイクルと神経伝達物質についての記事で、脳は神経伝達物質を産生、放出することで、眠りと目覚めのサイクルを操作していると説明しました。夢と神経伝達物質の関わりについては、コリン作動性理論とドーパミン作動性理論という2つの主要な理論があります。

コリン作動性理論

コリン作動性理論は、神経伝達物質であるアセチルコリンが、レム睡眠と夢を発生させているという理論です。レム睡眠と夢の結びつきが初めて発見された1950年代から提唱されており、夢を見るためにはレム睡眠が必要であるという考えはこの理論から広まりました。さらにこの理論によって、1970年代の半ばには、脳幹にある様々なメカニズムによってレム睡眠がコントロールされているということ、また同様のメカニズムによって夢が引き起こされるという考えが一般的になりました。

レム睡眠と夢に関係する神経伝達物質

コリン作動性理論では、レム睡眠とレム睡眠中に見る夢は、アセチルコリン(acetylcholine)と呼ばれる神経伝達物質の放出によって始まり、セロトニン(serotonin)と呼ばれる別の神経伝達物質が放出されることによって終わるとされています。つまり、アセチルコリンという神経伝達物質の放出をコントロールすることで、レム睡眠の段階を切り替え、夢を見ることをコントロールできるということです。

実際、この理論を裏付けるように、脳幹内にアセチルコリンを放出するサプリメントやハーブを飲んでから眠ると、レム睡眠を引き起こせるだけでなく、夢を引き起こすこともできるということが分かっています。しかしこの理論では、レム睡眠と夢の関係については研究されていますが、夢の中で認識力を働かせることができ、夢の内容をコントロールできる状態である明晰夢については触れられていません。

ドーパミン作動性理論

ドーパミン(dopamine)作動性理論は、脳の前頭葉に位置するドーパミン神経回路が活性化されることによって夢が生み出されるという理論です。数多くの臨床的根拠による裏付けがあり、コリン作用性理論が証明できなかった部分を補足しています。コリン作用性理論では、レム睡眠と夢は両方とも脳幹によって引き起こされるとされていましたが、ドーパミン作動性理論は「夢を引き起こすのは前頭葉であり、脳幹ではない」という想定で研究、臨床実験が行われ、その結果、多くの重要な発見がありました。

前頭葉に発生する脳の病気を患った人が、レム睡眠には何も影響がないにも関わらず、完全に夢を見なくなるという事例や、かつて精神疾患の治療目的で行われていたロボトミー手術(前頭葉白質切断術)を受けた患者の70~90%が夢を見なくなるというデータは「夢を引き起こすのは前頭葉であり、脳幹ではない」という理論を裏付けています。

夢を発生させるために必要なもの

この理論におけるもう一つの重要な発見は 「夢を発生させるためにレム睡眠は必須ではない」ということです。これはコリン作動性理論のレム睡眠と夢の発生メカニズムとは大きく異なります。

レボドパという、脳内のドーパミンレベルを上げることでパーキンソン病治療に使われる薬があります。この薬を夜の時間帯に患者に投与し、睡眠時のドーパミン量を増やすと、レム睡眠の長さや頻度は変わらずに、夢を見る頻度と夢の鮮明さのみが劇的に向上するということが数々の臨床試験で明らかになりました。この発見は、ドーパミン作動薬が、夢の頻度、鮮明さ、継続時間を向上させる一方で、レム睡眠の頻度、強度、継続時間には影響を与えないということです。この発見により、アセチルコリン濃度の増加によるレム睡眠の発生が、夢に影響しているのではなく、ドーパミン濃度の増加が夢を発生させているということが分かりました。

ドーパミン作動性理論では、夢を見るために必要なものは、レム睡眠ではなく睡眠中の脳の活性状態だとしています。レム睡眠中は、まぶたの裏で眼球が素早く動くことからわかるように、脳は眠っているのと同時に、起きているときと同じくらい活性化しています。脳がこの活性状態になることが夢を見ることの必須条件ですが、レム睡眠中でなくとも、脳内の神経物質の放出をコントロールすることで、脳をこの状態にすることができます。

コリン作動性理論とドーパミン作動性理論のまとめ

コリン作動性理論とドーパミン作動性理論の重要な点を以下にまとめました。

  • 脳内の特定の神経伝達物質が放出されることにより、睡眠のステージが決まり、夢が発生する
  • 夢は通常レム睡眠中に起こるが、とても浅いノンレム睡眠中にも発生する
  • 食べ物、サプリ、ハーブは、脳内神経伝達物質の濃度レベルに影響を与える
  • 神経伝達物質のアセチルコリンはレム睡眠を引き起こし、維持するはたらきがある
  • 神経伝達物質のセロトニンはレム睡眠を終わらせるはたらきがある
  • レム睡眠は夢を引き起こすために必要な2つの要件のうちの1つしか満たさない
  • 夢を引き起こすために必要な2つめの要件はドーパミン回路の活性化である

明晰夢を見るために鍵となる神経伝達物質

明晰夢は「体は眠っているが、頭は起きていて自己を認識している」という状態です。完全に眠っているわけでも、完全に起きているというわけでもなく、眠りながら起きているという独特な状態です。明晰夢を見るために脳をこの独特な状態にするには、睡眠時には分泌量が減ってしまう脳内の特定の神経伝達物質の量を、起きている時と同じレベルにまで増加させる必要があります。

明晰夢を見るために鍵となる神経伝達物質とは、セロトニン、アセチルコリン、ドーパミン、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)です。それぞれの神経伝達物質が日常生活や睡眠時に、どのような役割をしているのかについてはそれぞれ個別に説明しております。該当記事をご覧ください。